オーストリアの食文化を満喫する

多様な食文化の影響

オーストリアに限らず、海外旅行、国内旅行でも観光客のひとつの楽しみといったら、その地域独自にある食文化やグルメな料理です。
最近では、日本の和食が世界文化遺産に登録されるなどもありました。食は文化ということを日本人の多くが再度認識したのではないでしょうか。

これからわかるように、食というのはそれぞれの国、地域の特色とそこで暮らす人々のことを理解する上で大変重要なことです。

しかし、当然人には好みというのがあるので、口に合わないという人もいて、旅行先で苦労した人などもいるのではないでしょうか。

オーストリアの食文化は、フランスやドイツなどの他の地域や民族の食文化が融合して出来あがったという背景もあり、たくさんの種類の料理があります。

個人的にお勧めしたいのは肉料理です。オーストリアのシュニッツェルと肉料理があります。
このシュニッツェルは日本でいうところのカツレツで、牛肉を使ったものが多いのですが、地域によっては豚や鶏が使われているので、日本人としてもなじみ深いと思います。
また、オーストリアの肉料理はその料理にかけるソースの種類も豊富で、中にはレストランごとにソースを準備しているので、同じ料理であっても違う味を楽しむことができるので飽きずに楽しむことができると思います。