オーストリアの首都、ウィーンを観光する

首都ウィーンを観光する

オーストリアの首都であるウィーンは別名「音楽の都」とも呼ばれる音楽家達に愛された町です。オーストリアという国になる前は、ハプスブルク帝国の都として繁栄してきたことから、その時代の歴史的価値の高い建造物などが現代でも街中で多く見ることが出来ます。「音楽の都」ウィーンで活躍した音楽家の中には、日本でも有名なモーツアルトからベートーベン、シューベルトなどの古典派音楽家から、現代でも名前が知られるオペレッタ作曲家など数多くの音楽家の歴史が町全体に存在しています。

現代でも「音楽の都」といわれるだけあり、街中の至るところで、オペラ座が開園しており、または、路上でもバイオリンなどの楽器を持って演奏をする音楽家たちが沢山います。
ウィーンの街中を歩いていれば、必ずどこかから音楽が聞こえてくるといってもいいぐらい音楽が息づいた町なのです。

またヨーロッパの3大美術館として世界中に知られているウィーンの美術史美術館では、ハプスブルク帝国時代に収集された歴史的美術品が多く保管されており、美術館自体も1つの芸術品ともいえる美しい外観を持っており、訪れる観光客の目と心を楽しませてくれます。

また美術、音楽だけではなく、ウィーンの北西にはウィーンの森と呼ばれる自然豊かな丘陵地帯があり、ブドウの栽培からワインの製造をおこなっており、またカーレンベルクと呼ばれる場所は、ドナウ川を一望できる小高い山になっており、そこにはカフェや展望台があり、観光客も多く訪れており、遠くに見える自然と身近の緑に囲まれて時間を過ごすことが出来ます。